ITで働くなら経験が必要?

 

近年はどの職場に使おうとしてもやはり「経験」がないと採用されないケースが増えています。なぜ経験を求める企業が多いのでしょうか。「IT業界」ではどのような経験が求められているのかお教えしたいと思います。

まずIT業界ではいろいろな分野の仕事があります。例えばホームページを作る会社を考えてみましょう。ホームページはIT化が進む昨今、どの業界でも求められる岩場会社の顔とも言うべきものです。
会社の顔ですから少しでも良い体裁でホームページを作りたいと考えるものです。ですから少しでも技術の高いデザイナーやプログラマーを雇いたい。そうしたときに少しでも多くの経験を積んでいる人を雇えば即戦力となり会社の利益に貢献してくれます。そのため経験者を使用者側は雇いたくなるのです。

もちろん新卒の人を雇う企業も当然あります。なぜかといいますとそうした人たちを雇うほうが都合が良かったりするからです。
なぜかといいますと、経験を持ってその会社に入社するとその経験に基づく経験値の世界に閉じこもってしまい新たな発想ができない、そうしたときには新卒を雇ったほうが柔軟な発想で仕事をしてくれるのです。

とは言っても、やはり実際のところ求人を出している企業の多くは即戦力を求めています。なので、全くの未経験かつ知識がないでは話になりません。そのため、経験がない人は「現場ではどんな資格をもっていると優遇されるのか」などの情報を調べておくことくらいは必要です。
私の友人はやはりIT業界未経験で、なかなか採用に繋がりつらかったところ、Javaプログラマ求人でプログラミング能力認定試験を合格した実績から、晴れてJavaエンジニアとしてスタートさせました。
具体的なJavaプログラマの仕事内容はこちらで確認してみましょう。

 Posted by at 4:11 PM